投影

孤独なおっさんの日々の感じた事

やや安定だが、しかし、波はある。

そしてカメラについて綴る。カオスは遠ざかる。しかし、綱渡り状態。

Nikon

だったらあるゆる持ち物を売るしかない。

サブ機購入を目指し、自分の持ち物を売るために今日はとりあえず昔買ったハンディビデオカメラが売れた。よかったーと内心ほっとしています。

これでサブカメラ購入に一つ近づきました。後はスピーカをついでに売ろうと思ったのですが重いデカいの2重苦で持って行くのを諦めました。

帰りのバスでサブ機の検討をしておりました。今の候補は

1,Nikon D7100

2,Nikon D7000

3,Nikon D300s

です。お金ができたらD7100を買いますが現状厳しい状況です。ある程度お金が貯まってからという選択もなくはないのですがこの辺は仕事と私自身の気弱さからくる焦りで現場にはいざという時のために予備のカメラが欲しいという事なのです。

中古市場

という事で、それこそ部屋に売れそうなものを今さがしています。ゲーム機とソフトはもう使わないので売ります。ただし、PS4は売るのに躊躇しています。ゲーム以外にも使えるので便利なのです。

現時点ではD7000もD300Sも買うのも少し足りないです。ですが、もうある程度は決まっています。

おそらくD7000にすると思います。

kakaku.com

3万円台前半で買えてしまうのです。正直これしか選択肢はありません。これでも、現状は足りないのです。今日もハンディカメラを売りましたが中古市場は活発ですね。いろいろな店により買取額も買取対象も違います。売る前にネットで検索してみるにもお勧めです。宅配受け取りサービスとか知りませんでした。

D300Sというかつての所有機

カメラの性能としてはD300Sが優秀です。今売り出し中のNikonAPS-Cシリーズのフラッグシップ(最上位機種)D500の前の機種です。一眼レフのモデルチェンジが多いなか、このD300Sは8年近くAPS-Cフラッグシップ機としてその座に君臨していました。デジタル技術という面では最近のエントリー機種にも劣る?かもしれませんが、カメラという一つのマシンとしては素晴らしい作りです。CanonEOS 7Dも安くなっています。こちらもいいカメラです。4万円位です。(マップカメラ参照)

www.mapcamera.com

1200万画素で十分?

どちらも使用した経験があります。EOS 7Dは非常にいいです。正直これでも今の仕事にも対応できます。ですがやはり7D mark2が出ているのでそちらに移ります。D300Sに関しては色合いが若干好きでなかった。ここぞという撮り方をすると凄くいいいのが撮れます。今も額縁に飾っている作品です。しかし他はなかなか思い通りに撮れなくストレスを感じていました。当時はまだアマチュアだったので使いこなせていませんでした。また、当時は風景写真に凝っていてEOS5D mark2という2000万画素越えのすさまじい機種がありました。当時はまだ800万画素とか普通で、D300sも1200万画素でした。1200万画素でもA4印刷すれば全然大丈夫です。普通のカメラ屋さんもA3サイズ位までしか対応していないと思います。これでも1400万画素もあれば足りるようです。

一枚の写真データの大きさ

デジタル化の流れは今後も続きますが、こと5000万画素越えの写真一枚のデータ量は

RAWで70M、Jpegで30Mもあります。あっという間にHDDの容量がなくなりそうです。CFや記憶メディアも容量のある高いものとなります。さらにパソコンのスペックも上げないとダメなのでお金が半端なくかかりそうなんで敬遠しています。

今カメラを始めるなら?何買えばいいの?機材選定に迷走した経験より一言・・・

もし今、10万円ほどの予算で初心者になりデジタル一眼を買うなら?

CanonならEOS70Dの中古の並みでいいのを探す。

NikonならD7100の中古の並みでいいのを探す

と思います。

これに明るい単焦点レンズ

CanonならEF50mm F1.8の中古の並みでいいのを探す。

NikonならAF-S DX 35mm/f1.8の並みでいいのを探す。

です。ズームレンズは、まずこの単焦点レンズを使いこなせて、カメラの設定もある程度分かったら購入した方がいいです。ズームレンズは手ぶれ補正もあり便利ですが、初心者はカメラ任せになり作品としてはいいのが残せません。

次にストロボです。できれば購入してみてください。

できれば純正の中古で探してください。中級の2万円ほどしますが検討してください・

しかし、ストロボにそんな予算出せないという場合

 

 なんと3,000円ほどで買えるのです。耐久性とかはよくわかりませんが、私も予備で購入して使いましたが特に故障はしませんでした。あえて純正とはっきりと違いが分かったのは、電池の消費量が大きい。ストロボの発光間隔が長い。純正は報道カメラの人達が使うストロボのようにパチパチ光らすことができます。これはそれができない。ですが、普段撮りで暗いところで数枚という使い方ならこれで十分です。

だいたいこれくらいです。中古というのがポイントです。確かに新品だと保証もあり安心ですが、マップカメラさんは1年保証してくれます。メーカ保証も1年ですし。保証費用も安いです。ではでは・・・

近況・・・聞きます?

早く仕事探せ!!働けと日に日にプレッシャーが強くなります。それだけで心臓止まりそうです。病気なんだと固辞しています。明日も病院でおそらく更なる薬の増量でしょう。以前より幾分は疼痛はましになりましたが副作用が出る薬なんで徐々に増やして様子みで長く見ようという事のようなんです。薬局でも説明を聞かされました。幸い今の所は副作用は出ていません。しかし、これに心療内科通いなんで、果たして仕事を探せる?健康になる日は来るのだろうか?と不安の影はあります。