投影

孤独なおっさんの日々の感じた事

性格は治らないのか?

この世に生まれ早40年を過ぎました。

Old Man Joel

私の性格は短気です。短気は損気と祖母からよく言われました。確かに損ばかりしていました。もう少し引いて考えたらよかったとか後悔している事がたくさんあります。

では、性格は変えることはできるのか?

Split Personality

性格は成長過程で決まるともいいます。しかし、それは後付けでベースとなる性格は持って生まれた質というのもあると思います。となると、分かる範囲では、血液分析は本当?生年月日とか?等々と占いの話になります。

Fortune Telling

占いなんてと言いますが古代からあらゆる文明で占いというのはよく話にあります。現代の日本は法治国家ですので政治に占いが入る(お隣はあったようですが)という事は殆どありません。政教分離です。しかし、古代から中世は基本はこの占いというより占星術が大きく国家の決定事項に入っていたようです。

この占星術は人類が誕生して初めて天上を眺めて星々を観測していました。長ーい歴史があります。北極星の位置や今でいう星座というのはこの天上の星々をつないで形としてつけたようです。そのころは天動説が当たり前の世界で地球?というか永遠に続く平べったい板の上が地上でその上に星々が回っているという概念です。これはもうガリレオの登場までずーと信じられていました。

Astrology Clock

天文学という面ではパラダイムシフトを起こす重大な発見ですが、古代より続く占星術というのは結構信じられてきました。外国ではむしろこの占星術が主流ですね。血液型占いとかは殆どないです。まあ、それも私はある程度は性格にでるとは思います。

素粒子?難しい?いやいや面白く考えれます。

LHC

しかし、この血液型と占星術で私の性格が決まれば、例えば全世界否日本だけでも何百万人もいます。となると、例えば別の血液型で別の星座の人の性格を見たら当てはまる部分もかなりあります。という事はほとんど役に立ちません。つまり、まず血液型といいうのはより細胞学の発展で精密に検査してその上で占うという事となりますが、血液というのは日々新しく体に供給します。ですので占うというより健康予防の方に重きを置いた考えのほうがいいと思います。

となると残りの占星術ですが、西暦何月何日の何時何分何秒となるとおそらくかなり限定されます。これは非常に面白く、以前に立ち読みした本で細かく何月何日と調べれました。かなり当たっていました。これは面白い事実です。

ノストラダムスもこの占星術が基本だっと思います。ヨーロッパではこの系統が好きなようですね。現代宇宙(占星術?)学の最先端はニュースにも出ていた有名な発見。

matome.naver.jp簡単に説明なんてできません。多分もう気力がない。すいません。ですが、暇なんでひょっとするとかみ砕いた説明を考えれるかもです。

新しい文字?できる?

SQC character

星々を構成する宇宙というのはホントに謎だらけのようです。そもそもの始まり宇宙の始まりはビッグバンといいますがではその前は?という事も考えてしまいます。そもそもその前は?というのが直線的な考えで・・・等々この辺は言語で表現することは難しいのです。あたらしい文字の開発が急務です。

占星術によるところの私は宇宙誕生から何十億年経過した銀河系でそのなかの太陽という恒星の周りの天体である地球という星の日本という島で宇宙年的に正確に分かるようになると性格は治らないということになります。そう決定事項だからです。運命は決まっている。

という事で、私の決定事項もこの今書いているブログの内容も何もかも決定している行為もしくは管理されている行為かもしれません。

いつ終わるのか?今日も病院に行きました。まだ無職ですと言うと、さすがに心配されました。だから、性格は治らない。運命は決定事項であるのか?と考えてしまう。