投影

孤独なおっさんの日々の感じた事

2017/7/20/02:20での

この時間のどうでもいい人間の妄想と近況を綴ります。いまだに職が定まりません。それ以前に仕事を探していません。これまでの考えでは仕事を探しても見つからないと思います。今は格差社会とか云々とありますが全体的には崩壊をなんとか食い止めているだけという感じがします。今はお金回すのに必死です。お金はあるが需要となるソースがないとにかく回せ。若いのに職と仕事をあたえろ!!と上は必至です。昔は人口が多すぎたので間引いてしまえという思考ですね。この辺に年金収めて自殺で回ってますから、もとはしっかりしたシステムがあったようですが、上手く真面目に使えばいいのにしなかった。社会を焼き畑農場のようにしてしまった感がありありと感じます。

Easterisland - Tongariki

これ位のレベルで残ればまだましですが、その意味での世界遺産登録とかしているのでしょうか?アホですね。達観視と思われるかもしれませんが事実は事実。近代史的には安定期は80年位のようです。先の大戦からカウントすると2025年あたりですか?あと8年ほどという事になります。兆候はありますね。外国から見ると団塊ジュニア層は予備役的にカウントされているのでしょう。だからまだ仕掛けない。しかしあと8年すると私は50台です。若い層は英語を必死に勉強してますからね。ほぼ諦めているのでしょう。頭のいい人間はまだ重宝されますから生き残れるかもしれません。そう動いている。そう感じます。終末の空気とはこんな感じなんですね。人口減も納得です。豊かに滅びるというのも人類史的にはないのではないでしょうか?負け組倍返しとか勝ち組とかになるとか甘い考えはしないでください。おそらく戦争です。ご安心ください。皆全滅です。運が良ければ植民地です。・・・と批判妄想して安定剤とする。疲れる。

Marxist Art, Mexico City

難しい撮影が終わりました。D4は大変よく働いてくれました。私の撮影レベルは投稿サイトでも普通位なのでプロとは言えません。たまに聞かれますがアマチュアカメラマンと言っています。今はデジタル化とレンズの高性能化のおかげで機材をそろえたら大体いいのが撮れます。後は画像補正力と構成力とアイデアの勝負です。また、撮影進行能力と事前の打ち合わせ、雨の場合等々と即時に判断して対応しないといけません。もちろんロケ地での撮影許可も必要な場合はします。一人では大変です。

Nikon D7100

D7100も意外と使えます。私は基本的に現場ではカメラを2台で撮影します。レンズ交換の手間を省くためです。画質よりシャッターチャンスを逃したくありません。メインカメラのD4で撮影した枚数に対して1割使えるかどうかのレベルですがその1割が納品時に助かる場合が多いのです。多少画質は落ちても一瞬を捉えてたらそれでいいのです。基本が動き物の撮影なので大体がそれでいいのです。

Birds

一時期(今も?)野鳥を追い求めていたのですが難しいです。せいぜい雀かアオサギ位です。山に川にとどこにいるか分からない。雀も難しい。となり、写真から遠ざかっていました。カワセミなんて何処にいるの?と思います。実際は何度か目撃しました。が、凄いスピードで飛んでます。一日中藪の中で虫に惑わされながら森の中で待機していて撮れるかどうかの大変気の長い撮影となります。しかも綺麗に撮ろうと思うと値段も重さもすごい機材をそろえないといけません。

2013-09-03 18.35.32

望遠は300mmでしばらくしのぐつもりです。必要なのは超広角。しかたないと購入を決断しないと駄目なのですがそこれも難しいくらいの状況です。